Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

シンプルに暮らしたい、日々の記録。

older | 1 | 2 | (Page 3) | 4 | 5 | newer

    0 0

    おはようございます。

     

    先週末から昨日まで、いろいろ予定のあるいつもと違う日を過ごしていました。

     

    金曜日から土曜日は温泉へ1泊、土曜日はその足で主人の実家へ。

    日曜日まで1泊して、日曜日は長距離ドライブで帰宅。

    月曜日の昨日は、仕事のあと(しかも早番!)ライブへ。(素敵なギターライブでした。改めて記事にしたいと思います)終演後、深夜に帰宅。

    おうちの中のことが、いろいろと放置されているので、早めに立て直しの機会を持ちたいと思います。

     

    旅のお土産は、いつも消えもの(=食べるもの)が中心です。

    f:id:addieayumi:20161122065123j:plain

    名物のお菓子などもいろいろとあって目移りしてしまいますが、バラ売りしているものを探して買ってきました。

    この他に、もう食べてしまったのですが義理の両親と一緒に食べるために温泉まんじゅうを数個。

     

    職場など、数がたくさん必要な時は箱に入っているような、いかにも「お土産」的なものが喜ばれると思いますが、自宅用だったり身近な人にあげるようなものであれば、バラ売りされている方がうれしいですね。

    またバラ売りであれば、いろんな味も楽しめる。

     

    義理の両親もふたり暮らしだし、わたしの母もひとり暮らし。どこもそれほど数は必要としないので、うちで食べる用のほかに、それぞれに甘いものを少しずつ買ってきました。

     

    差し上げたものがいつまでも残ってしまっているのを目にするのは、あげた方ももらった方も気になったりするもの。食べきれる量で差し上げることも、相手を気遣うことなのかなとも思いました。

     

    その他には、日々の食事にちょっと使えるようなものであったり、あと写真にはありませんが野菜とフルーツをいくつか。

    今回は車で往復したので、重さは考えずに新鮮な野菜を選べました。野菜の値段もこちらはまだまだ高いので、新鮮でお値段もお手頃な野菜たちが、今回のいちばんのうちへのお土産だったかもしれません。

     

    温泉でリフレッシュできた、今回の旅行でした。

    野菜と果物を日々の献立で味わいながら、しばらく旅の余韻に浸れそうです。

     

     


    0 0
  • 01/22/17--14:20: 旅の準備
  • 来月、旅行を予定しています。

     

    ガイドブックを見ながら、予定を立てるのが楽しい時間。

    わたしは2度目、主人は初めての地。

    2度目といっても、前に行ったのは20代の頃なので、初めてのようなところ。

    どこに行こうか、何を食べようか、今からわくわくしています。

     

     

    アジアに3泊の旅なので、旅の準備として用意するものはそれほどありませんが、昨日セリアで2点ほど購入してきました。

     

    f:id:addieayumi:20170123065441j:plain

     

    ポーチと歯磨き粉。

    ポーチは現地でのお財布代わりにします。

     

    ジッパーは1つだけでなくて、2つあるのが便利。(できれば3つあるともっといいけれど、100均ではさすがにないですね。あるのかな?)

    なんちゃってレスポみたいな感じなのがいろいろありました。

     

    お札と小銭で分けたり、食事代等家計から出すものと自分のおこづかいを分けていれたりなどしています。

     

    夏の旅行でも同じように使っていました。

    こちらは布製なのですが、薄汚れてしまったので、入れ替えです。

     

    addieayumi.hatenablog.com

     

     

    海外では、お財布を見えやすいように出すのはちょっと・・・という時もありますし、小銭の種類の違いとかに慣れなくて、お金を払うのにもモタモタしてしまうこともよくあること。

     

    ゴソゴソやっていても、ぱっと見お財布に見えないようにしておくのがいいかなと思っています。

     

    通貨の種類に慣れてきた時には、もう帰る日、ということが多いんですけどね。

    食べたいものをさらっと注文して、モタモタすることなくさらっとお会計ができるようになってきたら、現地に少し溶け込めたかな、なんて思ったりもします。

     

    今回も、旅の相棒として活躍してくれそうな、なんちゃって財布です。

     

     

     

     

     


    0 0

    3泊4日の旅行が控えています。

     

    今回は飛行機で3時間半ほどの地へ。

     

    機内へは、いつもこんなものを持ち込んでいます。

     

    ・アメやガム、ミントタブレットなど

    f:id:addieayumi:20170210081310j:plain

    いろいろな種類のアメを取り混ぜて。

     

    機内は乾燥するので、喉を守る意味でもアメは欠かせません。

     

    また気圧の関係か?飛行機内という密室内であるからか?胸のあたりがムカムカしたり、すっきりしないことも多く、そんな時にガムやミントタブレットを口に入れたりします。

    機内食を食べてもすぐに歯みがきをすることがなかなかできないこともあるので、そんな時にもガムがお役立ちです。

     

     

    ・マフラーORストール

    飛行機に乗り込んだらすぐにするのが、まず首にマフラーかストールを巻いておくこと。

    夏の時期のフライトでも欠かせません。

    喉がもともと弱いので、乾燥しているところではとにかく喉を守ることを考えてしまします。喉が痛くなる→熱が出る、というパターンで何度も辛い思いをしているので。

     

    首に巻いておくことで、機内で寝るときにも首が安定して寝やすくなります。

    ネックピロー代わりにもなります。

     

     

    ・マスク

    やはり喉を守る意味でも欠かせないマスク。

    でも、普通のマスクは実は得意ではなくて、普段することはあまりありません。

    締め付けられるような感じと、肌がカサカサになってしまう気がして、長くつけていられないのです。

     

    でも、このマスクを使うようになってから、とてもラクになりました。

     


     

    肌が触る感じがやわらかく、洗って何度も使えます。

     

    書き出してみると、機内での乾燥対策、喉を守ることを第一優先に持ち込むものをそろえているのがはっきりわかりました。

     

    機内での過ごし方がその後の旅の予定や帰ってきてからの体調にも関わってくることなので、できる範囲の中でもできるだけ快適に過ごせるように考えています。

     

    ・番外編:風邪薬を飲む

    羽田からのハワイ線など、夜中のフライトの時は、どれだけ機内で眠れるかが時差ボケ対策やその後の体調管理にも重要ではあるのですが、移動中にゆっくり眠ることがなかなかできません。

     

    わたしはいつも乗り込む直前に、風邪薬を飲んでしまいます。

    普段から風邪薬を飲むと、眠くなる作用がかなり効くので(なので朝や日中はあまり飲めません)それを利用して薬を飲んで寝てしまうのです。(軽い睡眠薬代わり??)短時間でも深い眠りにつくことができるので、寝起きもすっきりします。

    (市販薬といっても、薬なので自己責任で行ってくださいね)

     

     

    以前は、飛行機の旅というとほかにもいろいろと持ち込んでいました。

    長時間のフライトになればなるほど、雑誌とか本とかも数冊持ち込んでみたり、肌のケア用品もいろいろと準備したりして・・・。

    でも、そのほとんどが使わないんですよね。

    狭い座席でいろいろものを出してゴソゴソすることもできないし、バッグにしまったまま取り出すこともなかったものもあったり・・・。

     

    なので、本を1冊だけ持ち込んで、読書に徹するフライトにしようと思っています。

    (午前中の出発なので、今回は寝なくてはいけないプレッシャーがないので安心です)

     

    さて、これから準備にとりかかります。


    0 0

    3拍4日からの旅から帰ってきました。

     

    今回は台湾へ。

     

    街の人の話す声や、信じられないくらいの数のバイクや、いろんな食べ物の匂いなど、久しぶりのアジアの熱気は刺激的でした。

     

    そして今日から仕事。

    (しかも早番)

    いきなり現実に引き戻されています。

     

    ブログをお休みしていた間も、ご訪問いただいた方、ありがとうございました。

    明日から通常運転に戻ります。

     


    0 0

    旅行に行くときは、事前にガイドブックなどを読みながら、行きたいところや食べたいものなどをピックアップしていきます。

     

    どれもこれもおいしそうとか、あれを見てみたい、ここに行ってみたい、とかイメージを膨らませる、好きな時間です。

    そして、ある程度の予定をざっくりと決めておきます。

     

    でも現地に着いたら、ガイドブックに頼るのはほどほどにして、自分の感覚で歩くことを大事にしたいなと思っています。

     

    ガイドブックやネットなどの情報ばかりを頼りにして、そこで紹介されているおすすめばかりをたどっていくのも、それは自分の旅ではなくて、人の旅をなぞっているだけのような気がして、味気ない。

     

    addieayumi.hatenablog.com

     

     

    歩いている途中で、ちょっと小腹が減ったからそこに見えているお店で食べてみよう、という小さなお店が台湾にはたくさんありました。

    f:id:addieayumi:20170216071559j:plain

    牛肉麺とパイコー麺。手前のあっさりスープの麺にパイコー(豚肉を揚げたもの)が別皿で出てきます。(写真を撮り忘れてしまいました・・・)麺はもちろん、パイコーもスパイシーでおいしかった!追加で注文した水餃子も絶品でした。

     

     

    たまたま見つけたお店なので、次回行ったとしてもきっと、同じお店にはもう行けないかもしれないけれど、そんな偶然の出合いで入ったお店がとてもおいしかったりすると、とても得した気分になります。

     

     

    自分の足で歩いて、感じていくと、初めての地で何となくふわふわとしていた足元が、だんだんと“地に足がついていく”ような感覚になります。

     

    もちろん、ガイドブックで見つけたお店を探しに行ったりもしました。

    Hanakoの台湾特集を見ていて見つけた、ハマグリのスープ。

     

    Hanako (ハナコ) 2016年 12月22日号 No.1124 [雑誌]

    Hanako (ハナコ) 2016年 12月22日号 No.1124 [雑誌]

     

     

    これが食べたくて、地図を頼りにテクテク歩いて行きました。

    f:id:addieayumi:20170216071527j:plain

     

    たっぷりのハマグリが入ったスープ。

    身もプリプリで、生姜以外余計なものが何も入っていない、じんわりとほっとする、温かいスープでした。

     

    短い日程の旅行で、ガイドブックも何も頼りにせずに回るのは効率も悪いけれど、頼りにし過ぎず、うまくバランスをとりながらその土地を味わい、旅を楽しんでいます。

     

     

     

     

     

     

     


    0 0

    台湾で買ってきた、自分へのお土産です。

     

    迪化街という、食料品の問屋さんなどがたくさん集まっている通りは今回の旅で絶対行ってみたいと思っていました。

    www.taipeinavi.com

    乾物やドライフルーツ、からすみ、お茶などが店先にたくさん並んでいて、どれも魅力的なものばかりでした。

    料理好きな方なら、きっと何時間いても飽きないはず。

     

    食品のほかにも、蒸籠やかごなどを扱うお店も数店あって、その中のひとつで竹のかごとカトラリーを買ってきました。

     

    お店の写真は撮れなかったのですが、こんな絵葉書を買いました。

    こんな感じのお店でした。

    f:id:addieayumi:20170220063347j:plain

    こんな絵が描けるようになりたい。

     

    こんな風に店先にいろんなかごが無造作に並べられていて、どれもこれもと目移りしてしまいます。

     

    欲しいものは何点もありましたが、迷った末に買ってきたものはかごひとつと、スプーンとバターナイフ。

    f:id:addieayumi:20170216121755j:plain

    f:id:addieayumi:20170216121904j:plain

    これ全部で300元ちょっと。(1元は3.8円ほどでしたので、1200円弱でした)

    木製のバターナイフもスプーンも、日本でもよく見ますが、ちょうど欲しかったので、いい出合いでした。

     

    かごは、2人分のランチを入れるのにちょうどいい大きさ。

    春になったら、おにぎりかサンドウィッチを入れて、公園でピクニックをしようと妄想が膨らんでいます。

     

    華やかさはないですが、素朴な感じがどこにでも馴染んでくれそうです。

     

    今は、お菓子のストックが入っています。

    キッチンの整理をした時は、また違うところでも活躍してくれると思います。

    f:id:addieayumi:20170220064107j:plain

     

    欲しいものはたくさんありましたが、まずは使えそうなものをと思い、買ったのはこれだけ。

     

    せっかく買ってきても、用途が思いつかずしまったままになってしまうのは残念ですから。(以前はそんなものもたくさんありました・・・)

     

    次回の旅へのお楽しみとして、とっておくことにします。

     

    気軽に手にとって、いつでも旅を思い出せるもの、そんなものが手元にたくさんあるといいものだなと思います。

     

     


    0 0

    台湾では、お寺参りをするのも楽しみにしていたことのひとつでした。

     

    もともと、神社仏閣に参拝するのが好きで、御朱印集めもしています。

     

    addieayumi.hatenablog.com

     

    台湾のお寺は、日本とはまた違うものでした。

     

    こちらは、市内観光のコースの中で立ち寄った、行天宮。

    f:id:addieayumi:20170223153734j:plain

    厄払いや仕事運アップをお願いするにはこちらだそうです。

     

    写真には撮れませんでしたが、迪化街の中には恋愛運で有名なお寺(台北霞海城皇廟)もありました。

     

    台北でいちばん有名なところは、龍山寺

    f:id:addieayumi:20170223153807j:plain

    朝からこんなににぎわっています。

    f:id:addieayumi:20170223153842j:plain

     

    参拝の仕方は、日本と違うので、回りの人を見ながら見よう見まねで参拝(らしきもの)をしてきました。

     

    ここは、いくつもの廟があって、その中にそれぞれ商売繁盛や良縁や、学業など、いろいろな神様が祀られていて、その数は100以上になるのだそうです。

    (もともと仏教寺で開かれ、現在は神仏混合だそう)

    なので、全体運をお願いするには、こちら1ヶ所でいいのだとか。

     

    廟の中にいる神様もそれぞれ表情が違って、それを見るのもとても興味深いものでした。

     

    おみくじの引き方も日本とは違うようで、事前にガイドブックで予習をしてから挑戦。

    f:id:addieayumi:20170223152305j:plain

     

    引いたのは、大吉よりもさらにいい、上上でした。

    もちろん、書いてあるのは漢字ばかりですけど、何となくいいことばかり書いてあるような雰囲気です(笑)

    f:id:addieayumi:20170223152226j:plain

     

    気分を良くして、お守りも購入。

     

     

    ほかにも、ガイドブックに載っていない、小さなお寺が小さな通りの中にあったりして、そしてどこも線香が絶えなく、参拝している方も、老若男女様々で、信仰が人々の暮らしに根づいているのだろうなということを実感することができました。

     

    若い方も熱心に参拝されているんですよね。

     

    特に、龍山寺は観光客だけでなく、地元の人と思われる方の参拝もとても多かったのですが、たくさんの方がお経?を唱えていて、それが日本で聞くものとはまた違って、歌のように軽やかに聞こえたのです。

     

    日本の神社仏閣だと、厳かな雰囲気が漂い、静寂な感じもありますが、台湾では、その軽やかに聞こえたお経や、方々でたちこめる線香の煙や(線香も日本のものとは違う長いものでした)参拝する方たちの熱気みたいなものも感じられて、それが合わさって、自分も元気が出てくるような、まさに『パワースポット』という感じがしました。

     

    ほんの一片ではあると思いますが、台湾の文化に少しでも触れることができました。

    また来ることができるようにお願いもしてきました。

     

     

     

     

     

     


    0 0

    台湾のガイドブックで読んで、気になっていたものを旅行の時に買ってきました。

     

    紅豆=日本で言う、小豆のことです。

    f:id:addieayumi:20170220063421j:plain

     

     漢字の雰囲気から判断すると、小豆を低温で圧縮して、20分の1にしているものだそうです。

    これだけで、小豆を煮る時間もガスも、交通費も、もちろん小豆を買うことも省かれて、大変お得!とのことのようです。

    f:id:addieayumi:20170301072411j:plain

     

    小豆は、むくみの解消が期待できる食材。なんでも、ダイエット食材として現地のモデルさんなどが取り入れているとか・・・。

     

    小さな袋に2グラムずつ入っていて、15袋入っていました。

    f:id:addieayumi:20170301072423j:plain

     

    シリアルの上にのせてみました。

    f:id:addieayumi:20170220080428j:plain

    このえんじ色のが袋から出した小豆パウダー。

    水やお湯に溶かしたり、牛乳に入れたりしていただきます。

     

    余計な添加物などは入っていない、小豆そのままなのだそうです。

     

    いただいてみると・・・

    ほんのり小豆の香りがします。小豆を煮た時の煮汁の香りのような、砂糖を入れる前の小豆とおんなじような感じです。でもそんなにクセのある香りではありません。

     

    小豆の煮汁も、「あずき茶」として日本でも売られていますが、それをもっと手軽にパウダーとして持ち運べるようになったものという感じです。

     

    ガイドブックでは、「利尿作用が強い」なんてことも書かれていましたが、人それぞれだとは思います。でも、例えば塩分の強い食事が続いて、身体が少し重たくなってきたなーという時(わりとよくある)になど、これを使ってうまく排泄できればいいなと思っています。

     

    ほかにも、黒豆とかはと麦などのシリーズもありました。

    無添加で、こんなものが手軽に使えるのはいいなと思いました。

     

    台湾って、豆類を本当によく食べるんですよね。

    食事としてもそうですが、スイーツでも甘く煮た豆類を使ったものがありました。

     

    小豆も、いわゆる「あんこ」とは違って、形の残る状態までゆでて、甘くしてあるものでしたが、豆の味がしっかりわかっておいしいものでしたし、他にも青豆とか黒豆とかを甘く煮てあるものを、「豆花」といって絹ごし豆腐のように固めた豆乳プリンの上に

    どっさりのせて食べたり・・・豆好きにはたまらないところでした。

     

    豆類って、毎日の食事の中では継続して食べるのってなかなか難しかったりしますが、こんなものが普通にあると、無理なく食べることができるなって思いました。

     

    さてこの紅豆水、張り切って2セット買ってきました。(2つ買うと割引もあって、のせられてきました)目に見える効果が出ることを期待したいと思います。

     

     

     

     

     


    0 0

    今日も、台湾で自分用のお土産として買ってきたもののご紹介です。

     

    先日ご紹介した小豆のパウダー、紅豆水のほかに、

     

    www.addie-watashidukuri.com

     

    ガイドブックで読んで気になり、“これも買ってこよう”と思ったのがこちら。

    f:id:addieayumi:20170306164143j:plain

    萬應白花油

    レトロなパッケージがかわいいです。

    f:id:addieayumi:20170306164134j:plain

    中のボトルはこんな感じ。これもかわいくてツボ。(5mlの小さいサイズです)

     

    一緒に入っている説明書きすらもかわいくて。

    f:id:addieayumi:20170306164126j:plain

     

    台湾で昔から使われている万能オイルなのだとか。

    薄荷のほかに、冬青油(ウィンターグリーンオイル)、桉葉油(ユーカリオイル)・樟脳(カンファー)・薫衣草油(ラベンダーオイル)が入っているそうです。

     

    頭痛、虫刺され、腹痛、車酔い、やけど、切り傷、鼻づまり・・・何にでも使えるのだとか。

    蓋を開けて、中のオイルの香りを嗅ぐだけでも、ミントをベースに爽やかな香りが広がって、とてもすっきりします。船酔いとか車酔いとかにもよさそうです。(あまり酔いませんが・・・)

     

    いろいろ調べると、虫刺され(台湾の夏の蚊はかなり手ごわいそうです)や筋肉痛にも、直接オイルを塗るといいのだそうです。

     

    折しも、花粉症&風邪で、鼻づまりがひどい時だったので、ほんのほんの少しだけ指先に取って、鼻の下に軽く塗ってみました。

    スースーした香りが広がって、鼻の通りもよくなりました。

    (でも、鼻をかみ過ぎていたせいか、その後しばらくかなりヒリヒリしてましたけど・・・(笑)皮膚が弱い人は要注意です)

     

    あとは、首の後ろに薄く塗れば、首の張りとか、肩こりにもいい感じです。

    (ほんの少しで十分。広範囲に使うようであれば、ワセリンに数滴落として混ぜて使う方が刺激が少なくていいのかなと思いました)

     

    いわゆる、メンタムとかタイガーバームを塗るような感じでしょうか。

    でも、含まれているオイルがまたメンタムやタイガーバームと違うせいか、香りを嗅ぐとアジアのお宅におじゃましたような(したことないけど)、なんか懐かしいような、でも嫌じゃない、ちょっとほっとするような、そんな気持ちになります。

     

    香港やシンガポールでも、同じような商品があるそうです。

    (名前は違うようですが・・・)

    サイズもいくつかあって、わたしが買った5mlのものは200円程度だったと思います。

    ちょっとしたお土産にもいいなと思いました。(街中にあるドラッグストアで買えます)

     

    用もないのに、蓋を開けては台湾旅行を思い出し、思い出に浸っています。

    買ってよかった、お土産のひとつです。

     

     

     


    0 0

    台湾のコンビニでいくつかお菓子を買いました。

     

    持参したアメがなくなってしまったので、その補給と、ちょっとした甘いものを。

     

    その中のキャラメル類がわたし的にヒットだったので、備忘録代わりにご紹介です。

    f:id:addieayumi:20170308063606j:plain

    パッケージを破ってしまった状態の写真で失礼します。

    最初に上の茶色いのを買って、それがおいしかったので同じシリーズの白い方をその後に買いました。

     

    森永って書いてます。北海道の牛乳を使用しているようです。

    f:id:addieayumi:20170308063455j:plain

    海外のお菓子って、ちょっと独特な味なものがあるから(特にアジア系は)日本のメーカーなら安定の味かなと思って買ったキャラメル。

     

    これがすごくクリーミーだったんです。超絶なめらか。

     

    森永のキャラメルって、日本でも買ったりするのですが、それに比べてさらにさらにクリーミー。まさに『口どけなめらか』って感じでした。食べたことのない味(←大げさ)

     

    追加で買ったミルクの方も、甘ったるいのではなくて、さらっとした口あたりでクリーミーでした。

     

    これでひとつ20元。80円弱です。台湾メーカーのアメなどに比べたら若干お高めの部類のようですが、とても気に入ってしまいました。大人買いしておけばよかった(笑)

    日本にもあるのかな。あったら欲しい!

     

    あとは普通のアメが欲しくて、これならいいかなと思ったのがこちら。

    f:id:addieayumi:20170308063623j:plain

    食べかけ、ぐちゃぐちゃのパッケージの写真で失礼します。

     

    f:id:addieayumi:20170308063640j:plain

    リコラでした。これは安定の味。

    f:id:addieayumi:20170308063725j:plain

    これはチョコレートを使ったお菓子。こういうのもいろいろありました。

    これは好き好きですね。日本とはちょっと違った風味のものもあったりして、それはそれでおいしかったりするんですけど、慣れないとちょっと・・・というのもあります。

     

    コンビニだと、小さなパッケージのものがバラで売っているので、それを買って味を確かめて、スーパーで大きなパッケージのものをバラマキ土産用に買ってもいいなと思いました。

     

    スナック系やジュースも日本では見かけないものがいろいろとありました。

    普段、スナックや甘いジュースを飲む習慣があまりないので、それらには現地でも手を出さなかったのですが(甘いジュースでなくても、お茶やミルクティーがおいしすぎて、それで十分でした)好きな方はそんなのを楽しむのも旅の楽しいところですよね。

     

    小さなお菓子類ならかさばらないし、旅の最終日に残ったコインを使ってお土産代わりに買うのもいいなと思いました。

     

     

     


    0 0

    9月の旅の予約をしました

    毎年、夏の終わりに長めの旅行をしています。

    今回も、9月に予定をし、予約をしました。

    いつも3月頃からそわそわし始め、ネットで検索を始めます。

     

    いろいろ検討しながらも、大体いつも同じような内容にはなるのですが、いつもとほぼ変わらない行程のツアーを予約しました。

     

    f:id:addieayumi:20170410173509j:plain

     

    時期をはずして旅行

    お盆の時期など、決まった時期にしか休みを取れない方も多いかと思いますが、うちでは主人も夏休みの時期を調整できるので、夏の終わりに取ってもらい、予定を組むようにしています。

     

    8月よりかは、旅行代金も若干抑えられて少しだけお得です。まぁ観光客はそれなりに多いですが・・・。

     

    うちでは、GWなどの連休時には旅行はしません。

    それは、やっぱりどこへ行っても大混雑しているから。

    前職で、大渋滞、大混雑などを十分経験したので、プライベートにまで持ち込みたくないのもあります。

    (そもそもわたしもパートを休みづらい・・・)

     

    連休などの時には、近場でゆっくり過ごして、時期をはずして旅行するパターンが多いです。

    スポンサーリンク

     

     

    旅の予定が毎日のモチベーションになる

    旅行することにあまり魅力を感じない方もいるかと思います。

     

    でもわたしは旅行が好きです。

    いつもと違う環境に身をおいて、いつもと違うものを食べたり観たり・・・。

     

    旅の予定を考えるだけで、わくわくできます。

     

    まだまだ、何ヶ月も先のことで、今からわくわくしていては息切れしそうですが(笑)、でも旅のことを考えるだけで毎日のモチベーションが上がるのです。

     

    予定が決まれば、早めの予約がおすすめ

    お仕事の関係などで、早めには予定が決まらない、という方もいるでしょう。

    でも、もし決められるのであれば、早めに予定をたてて予約をしてしまうことをおすすめします。

    ツアーによっては、早割などの特典があるものもあります。

     

    でも、逆に出発日ぎりぎりのスーパーお得なプランも出たりするので、その辺はご自身の予定と見比べながら決めるのもいいと思います。

     

    わたしは、早めに予約をして、わくわくする時間を長くするのが好きですが・・・。

    ということで、ひとり妄想旅行の時間がこれから長くなります♪

    スポンサーリンク

     

     


    0 0

    新緑の高尾山ハイキング

    すっきり晴れた、春の日。

    高尾山へハイキングに行ってきました。

    おととし、昨年と秋の高尾山へは行きましたが、春のこの時期は初めて。

    (わたしは小学生の頃の遠足で行ったような、遠い記憶がありますが・・・)

     

    桜もまだ見られそう、ということでプチお花見も兼ねてのハイキングです。

     

    気軽に?楽しめる山

    世界一登山客が多いという高尾山。

     

    小学生の時は遠足で行きましたし、高校生くらいまで何度か家族でも訪れたことがあるのでわたしにとってはなじみのある山なのですが、いまや世界的に?有名な山になってしまいました。

    山頂へ向かう途中も多くの外国人の方とすれ違いました。

     

    高尾山の山頂へは、いくつかルートがあります。

     

    わたしたちは、いちばん初心者向けの1号路をいつも歩くのですが、それでもところどころ結構辛いところがあります。

    高尾山遊歩 | 登山コース・観光スポット・ご当地グルメ・服装・ハイキング情報満載!

    傾斜も急で、段差が大きいところを、ゼーゼーハーハー言いながら登っていき、展望台で景色を楽しみ、途中の茶屋でまたまたひと休みしながら、登っていきました。

    (1号路では、きついところは登り始めから、金毘羅山展望台までがひとつのピークで、そのあとまた少し傾斜があるところを登っていって、ケーブルカー乗り場くらいまでです。それからは、そんなにきつくはありません)

     

    小学生の遠足でも行くところだから、気軽に登れるな、となめてかかるとちょっと辛かったり・・・でもスニーカーでも登れるので、その点では気軽に登れる山でもあります。

     

    スポンサーリンク

     

    新緑と鮮やかな花と

    4月中旬に入り、途中ではきれいな新緑や花を楽しむことができました。

    まわりの緑を楽しみ、土を踏みしめて歩くと、生き返る気がします。

     

    高尾山薬王院ではこんな鮮やかな桜も見られました。

    f:id:addieayumi:20170415082411j:plain

     

    山頂までは1時間半程度

    麓から山頂まで、途中休憩しながらゆっくり登って約1時間半くらいでした。

    うっすらとですが、富士山も見られました。

    f:id:addieayumi:20170415082418j:plain

    スマホでは、これが限界でした。遠くの方にうっすらと見えるのが富士山です。

     

    持参したおにぎりで昼食にし、ひと休みしたら下山です。

    帰りは途中からリフトで下りました。

     

    ケーブルカーとリフトがありますが、リフトは風をダイレクトに感じられて、景色もいいしおすすめです。12分ほどとのことですが、空中散歩を楽しめます。

     

    持ち物などは?

    登山ほどの重装備をしなくても、気軽に登れる山ではあります。

    靴もわたしはスニーカーでしたが、できれば底のしっかりした靴がいいです。

    あとは、汗もかくのでタオル。

    またこれからの季節は日差しも強いので、必要でしたら日焼け止めやサングラスもあった方がいいです。

    (駅近くには日帰り温泉施設もあるので、登山後に汗を流すこともできます。わたしたちはそのまま帰ってきてしまいましたが、行かれる方はお風呂の準備も持参で)

     

     次は秋かな?

    今回は新緑と花に癒されてきました。

    次は秋の紅葉を見に行こうと話しています。

     

    高尾山は、京王線の高尾山口駅まで行けば、登山口までもすぐなのでそれも気軽に向かえる理由のひとつかもしれません。

     

    タフな登山はちょっとハードルが高いので、このくらいのハイキングで十分なのですが、定期的に訪れたいスポットのひとつです。

    スポンサーリンク

     


    0 0

    創業150年を超える、横浜の老舗

    『岩井の胡麻油』ってご存知ですか?

    横浜でつくられている、ごま油です。

     

    f:id:addieayumi:20170425173936j:plain

    創業は安政4年(1857年)

    もともとは、千葉県佐倉で菜種や落花生、胡麻の搾油業から始まったとのこと。

    明治時代に横浜に移り、以来横浜で製造しているそうです。

     

    化学的製法や添加物を使わない胡麻油

     ごまを加熱焙煎したあと、圧搾法で油を搾ります。

     

    焙煎の温度や時間ができあがりに左右されるそうで、これはすごくすごく難しい作業だそうで、経験豊富な職人がしっかりと携わり、風味豊かな胡麻油ができあがります。

     

    岩井の胡麻油│伝統製法による香り高い胡麻油製品情報・胡麻油レシピ紹介・催事出店情報

    スポンサーリンク

     

    生で食べるのがおいしい

    HPを見ると、胡麻油数種類と、練り胡麻など胡麻製品ばかりなんですよね。

    それだけで、商品に自信を持っているのだなと思います。

    だって、会社名が『岩井の胡麻油株式会社』ですし。

     

    そんな胡麻油、生で食べるのが風味が感じられておいしいです。

    軽く茹でた野菜を、この胡麻油と少しの塩で和えたり、夏になったら冷やし中華にもよさそう。

    昨日ご紹介した、いかくんときゅうりのマリネにもちょっと垂らすといいですね。

     

    スタンダードな金口しか、食べたことがないのですが、濃口はもっともっと風味が感じられそうでちょっと気になります。

     

    ちょっとしたお土産にも

    わたし、旅に出るとその土地で作られている調味料などを買ってくるのが好きなのです。塩だったり、醤油だったり、そこで昔から食べられている調味料とか・・・。

    帰ってきて、それを食べるたびに旅のことを思い出したりするのが楽しいのです。

    この岩井の胡麻油も小瓶のものがありますので、手軽なお土産としてもおすすめです。

     

    横浜土産に胡麻油?というのもちょっと意外かもしれませんが、それも話がはずむきっかけにもなるかも。

     

    横浜土産といったら・・・シュウマイ??シュウマイにかけてもおいしいかな・・・。

    横浜名物 シウマイの崎陽軒

     

     成城石井などでも買えるようですよね。

    近くにないという方はこちらでも。

     

    よかったらお試しください。

     

    スポンサーリンク

     


    0 0

    GWは特別なことはなし

    GWも終わりました。

    人によっては、9連休になるという方も。

     

    帰省をされた方や、遠出をされた方も多くいたかと思いますが、わが家は近場でのんびりがいつもの過ごし方です。

     

    新緑をもとめて

    連休の中、1日は都心へと出ました。

     

    郊外へ向かうよりかは、多少は人は少ない?ということはなく、混雑はありましたがそれでも、自分たちのペースで動けたと思います。

     

    新緑をもとめて、都心へ出るというのは、ちょっと不思議な感じをする方もいらっしゃるかと思いますが、東京だって意外と緑は多いものです。

     

    向かったのは、代々木公園から明治神宮。

    原宿駅で降りて、代々木公園へ。途中の乗り換えの品川駅の構内のパン屋さんで、ランチ用のパンを買って、代々木公園のベンチでお昼です。

     

    代々木公園の中はイベントがあったようなので、そこは迂回して明治神宮へ。

    f:id:addieayumi:20170505115627j:plain

     

    何度も行ったことのある明治神宮ですが、今の時期が新緑を楽しめていちばん好きです。

    時折吹く心地よい風と新緑を楽しめながら歩きました。

    スポンサーリンク

     

     

    さらに、歩いて歩いて・・・

    その後はノープランで出てきました。

    表参道もいいけれど、こちらは混んでるよね・・・と反対の渋谷方面へ。

    結局、途中休憩をしながらも、渋谷から代官山まで。

    さすがにぐったりでした。

     

    月イチ温泉も達成

    翌日は、前日の疲れを癒すべく、日帰り温泉へ。

     

    毎月一度は温泉につかろうキャンペーンを、地味に夫婦で続けているのですが、今月も早々に行けることができました。いつもの近くの温泉です。

     

    露天エリアにも数種類のお風呂があって、暖かくなってきたので、初めて『寝っ転がり湯』というのに入りました。

     

    仰向けに寝て、背中だけお湯がずっと流れているのですが、晴天の昼間、日の光を浴びながら裸で寝っ転がっているシチュエーション。(ちゃんとタオルもかけております。念のため)数十分ですが、もう半分気絶しておりました。

     

     定期的に自然に触れよう

     大都会に住んでいるわけではないですが、でも意識しないと自然のものに触れることは少なくなってきてしまいます。

    そうすると、わたしの場合、何となく心がすさんでくる気がしてしまう。

     

    緑を感じるとか、大地を踏みしめるとか、温泉に入るとか、きれいな花を見るとか、そんな『ちょっとした自然』に触れる機会は、定期的に意識して持とうと改めて思いました。

    特別なことは何もしなくても、緑をきれいだな、風が気持ちいいな、と思うだけでゆったりと落ち着いた気持ちになれるのです。

     

    というわけで、お金もほとんどかかりませんでしたが、自然に癒されてきた今年のGWでした。

    スポンサーリンク

     

     

    今週のお題「ゴールデンウィーク2017」


    0 0

    台湾で出合った、裏白きくらげ

    きくらげって食べますか?

    中華料理によく登場する、あの黒いコリコリしたもの。

    あの黒きくらげのおばけみたいな、裏白きくらげに台湾で出合いました。

    きくらげって?

    まずはきくらげの基本情報を・・・

    きくらげは、きのこの一種なのだそうです。(知らなかった・・・)漢字では、『木耳』と書きますが、耳の形に似ているからともいわれています。(所説あるそうですが)また、食感がくらげに似ているから、木に生えるくらげで、きくらげとも。

    鉄分やビタミンDが豊富で、滋養強壮、美肌効果、血液の浄化にも効能があるそう。

    食物繊維やカルシウムも含む、栄養のある食材なのだそうです。

     

    中華街で再会

    台湾では、迪化街という、乾物の問屋さんなどが集まる街で買いました。

    枕みたいな大きな袋に入っていたのですが、とても安かった記憶があります。

     

    母におすそ分けをしたのですが、おいしかったと喜んでくれ、また食べたいと近所のスーパーなどで探したのだけど見当たらなかったとのこと。

    先日訪れた、横浜中華街の食材を扱うお店をのぞいたら、並んでおりました!

    f:id:addieayumi:20170516090409j:plain

    これで確か400円くらい。ちょうど母と会う予定があったので、お土産に購入です。

     

    肉厚&ビッグ

    この裏白きくらげ、名前の通り裏(というか、片面)が白いです。

    f:id:addieayumi:20170516090419j:plain

    でも、水で戻すと白の色はなくなります。

    よく見る黒きくらげに比べて、とっても肉厚なのが特徴。そして大きいです。

    f:id:addieayumi:20170517185806j:plain

    水で戻して(ちょっと長めの時間で戻します)4-5等分(それで一口大くらい)に切り分けます。

     

    メインになる、きくらげ

    使い方は、普通のきくらげと同じで、炒め物やスープなどに入れます。

    スポンサーリンク

     

     

    でもかなりの存在感。きくらげって、どちらかというと脇役的存在ではないですか?あってもなくてもまぁどっちでもいいような・・・あればうれしいな、くらいな。

    でも、この裏白きくらげは、メインをはれます。

     

    たまごと一緒に炒めたら、どちらが主役かわからなくなりました。

    f:id:addieayumi:20170517195140j:plain

    しっかりした食べごたえで、今まで食べていた黒きくらげがかわいく思えるほどでした。

     

    また買いに台湾へ行きたい!

    台湾はおいしいものがたくさん。

    2月の旅でも、『〇〇を食べにまた行きたい!』と思えるようなおいしいものにたくさん出合いましたが、この裏白きくらげも買ってきたい!と思っています。

    日本でももちろん買えますが、お値段はたぶん1/3くらい。それも魅力です。

    スポンサーリンク

     

     

    ちなみに、台北の迪化街という街は、料理好きならずっといられそうな、魅力的なお店がたくさんあります。

    今回の旅行では、わたしも勝手がわからずお店をのぞいても、おどおどと様子見くらいしかできませんでしたが、次回行ける時が来たら、今度は本気買いをしてしまいそうです。

     

    次回(いつか)行くときまでは、中華街で手に入れつつ、台湾の思い出に浸ろうと思います。栄養もたっぷりな食材ですので、興味のある方はぜひお試しください。

     


    にほんブログ村

     

     


    0 0

    江の島から鎌倉までお散歩

    週末のプチハイク

    梅雨の間の、晴れた日。

    江の島から鎌倉まで歩いてみました。

    江ノ電にほぼ沿っての、プチハイクです。

     

    スタートは江の島から

    江の島駅からスタート。

    でも江の島には向かわず、そのまま鎌倉方面へ。

    途中で大きなお寺を見つけて参拝したりとゆるい感じで歩きます。

    f:id:addieayumi:20170617105748j:plain

     龍口寺という、大きなお寺でした。

    f:id:addieayumi:20170617105704j:plain

    生しらすなら、腰越で

    線路沿いを歩いていると、かわいいカフェとか、レストランとか、ところどころ出てくるので、ランチの心配はありません。

     

    スポンサーリンク

     

    生しらすなら、せっかくなので、江の島駅のおとなり、腰越駅周辺で。

    漁港があり、生しらすを扱うお店がたくさんあります。

    (ただ、時化などの海の状況により、獲れないことも)

     

    この日はちょうどいい生しらすがあるとのことで、わたしたちは迷わず生しらすをランチにしました。

    鮮度が命の生しらすは、現地に行って味わうのがいちばん。堪能してきました。

    (写真はありません。すぐにほおばってしまいました(笑))

     

    映画やテレビで観た景色があちこちに

    鎌倉から、江の島あたりは、いろいろな映画やドラマの舞台になったところが多くあります。

     

    「海街diary」や、「最後から二番目の恋」、最近では「ツバキ文具店」なども。

    そんなところもいくつか通り過ぎながら歩いていきました。

     

    これもよく出てくる、音無橋。

    f:id:addieayumi:20170620081315j:plain

    紫陽花も見られました。

     

    f:id:addieayumi:20170620081325j:plain

    海を見ながら、ひたすら歩いて

    江ノ電は、住宅街の中のすれすれのところを走る電車。

    f:id:addieayumi:20170620081310j:plain

    いつも満員の江ノ電を横目に見ながら歩きます。

     

    ひたすら歩いただけだけど

    ランチをとって、途中休憩をしながら約2時間歩いて鎌倉へ到着しました。

     

    ただただ歩いただけだけど、景色に癒されて、頭がすっきりした気分。

     

    散歩というにはちょっと長い距離ですが、それほどアップダウンもないし、景色もよいし、いい運動になりました。

    スポンサーリンク

     

     

    江の島や鎌倉周辺というのは、うちからそれほど遠くなく、プチトリップ気分が味わえて好きなエリアなのです。

    空気もどことなくのんびりしていて、こんなところに住めたらいいなと思う場所のひとつ。

    景色に癒されながら、ひたすら歩いてリフレッシュできた、梅雨のあいだの1日でした。

     

     


    0 0

    ハワイでリピートしている、おすすめイタリアン 

    夏の旅行にハワイを予定されている方もいらっしゃるかと思います。

    ハワイ大好きなわたしがおすすめするレストラン、スイーツなどをシリーズでご紹介していきたいと思います。

    実際に食べておいしかったというところばかり。旅行の際の参考になったらうれしいです。

     

    アランチーノ・ディ・マーレ

    ハワイ好きな方、ハワイリピーターの方なら、よくご存じかもしれない、イタリアンのお店です。

    とっても有名なお店ですが、わたしたちも大好きで、旅行のたびに訪れます。

    スポンサーリンク

     

     

    Waikiki Beach Marriott Resort & Spa(ワイキキ ビーチ マリオット リゾート&スパ)の1階にあるレストランで、テラス席もあります。

     

    ここは、シェフが日本人とのことで、味付けも日本人向け。野菜も新鮮だし、メニューもどれもハズレがないです。

     

    f:id:addieayumi:20170814143223j:plain

    これは、生ハムとルッコラのサラダ。なんてことない、シンプルな1品ですが、こういうのがうれしかったりします。

    f:id:addieayumi:20170814143328j:plain

    その前の年も同じものを頼んでいた(笑)

     

    アメリカのがっつりごはんで、だんだん胃が疲れてきたころでも、ここのお料理はイタリアンでもさらっといただけます。

    f:id:addieayumi:20170814143056j:plain

    海の幸のサラダと奥に見えているのが、生ハム&パパイア。生ハムとパパイアの組み合わせも、メロンに負けず劣らずでした。

     

    そうはいっても、前菜とあと1品、パスタかピザを頼んで、2人でシェアしてお腹いっぱい、という感じになっちゃうのですが・・・。

     

    f:id:addieayumi:20170814143356j:plain

    ピザを何にするか迷ったら、やっぱりマルゲリータ。

    f:id:addieayumi:20170814143246j:plain

    こちらは、サラミなどがのったピザ。ビールが進みそうなお味でした。

    f:id:addieayumi:20170814143421j:plain

    黒とびこと、イカのパスタ。これはあっさりしていて、好きな味でした。

    f:id:addieayumi:20170814143143j:plain

    フォカッチャもおいしくて、これだけで飲めます(笑)

     

    お肉やお魚のメインメニューもいろいろありますし、お料理に合わせたワインをお料理ごとに出してくれるという、コースメニューもあったりして、それぞれお腹の空き具合と相談しながら気軽にオーダーできます。

     

    雰囲気もよく、スタッフもつかず離れずといったところで、お値段もわりとリーズナブル。

    スポンサーリンク

     

     

    いつも混雑しているので、予約をしておくのをおすすめします。(朝食や昼食は予約不要)

    うちも、ここだけはいつも前もって予約をしています。(ただ、ディナーのコアタイムはかなり早い段階での予約が必要かも)

     

    HPからは、日本語で予約できるので簡単です。

    アランチーノ・ディ・マーレ | Arancino | Hawaii’s premier Italian ristorante

     

    ハワイに来てまで、イタリアン?と思う方ほどおすすめしたい、好きなお店です。

     

     

     

     

     


    にほんブログ村


    0 0

    ハワイのラグジュアリーなホテルでブレックファースト

     実際に食べておいしかったレストランをご紹介。

    ハワイ おすすめレストラン① アランチーノ・ディ・マーレ

    ワイキキのラグジュアリーホテル、ハレクラニのレストランでいただく、幸せ朝ごはんです。

    スポンサーリンク

     

    ハレクラニのレストラン オーキッズ

    ワイキキ内のハイグレードなホテル、ハレクラニの中にあるレストラン、オーキッズ。オープンエアのテラス席でいただく、ブレックファーストです。

     

    f:id:addieayumi:20170814163509j:plain

    パンケーキとワッフルをチョイス。

    パンケーキの中にフルーツが練りこまれています。これはパイナップル。

     

    こちらにはブルーベリーが入っています。

    f:id:addieayumi:20170814163435j:plain

     

    こちらはフレンチトースト。

    f:id:addieayumi:20170814163411j:plain

     

    もちろん、卵料理などのしっかりした朝食メニューもあります。

    和食もあります。

    オーキッズ | ハワイのホテル | ワイキキ | ハレクラニ 【公式】

    ハレクラニはとても素敵なホテル。

    f:id:addieayumi:20170814163115j:plain

    このレストランも、街の喧騒から離れていて、ゆったりした時間が流れていて、とてもお気に入りの空間です。

    スポンサーリンク

     

    アフタヌーンティーもおすすめです。

    CHECK➡2016Hawaii⑥ハレクラニでのアフタヌーンティー

     

    いつかいつか記念日の時には、ハレクラニに泊まってホテルライフをゆっくり楽しみたいなと思っています。

    こちらもどうぞ➡2016Hawaii⑧ビルズとハレクラニのパンケーキ


    にほんブログ村


    0 0

    ハワイでベトナム料理 好きな2店

    ハワイに行くと、ベトナム料理もよく食べます。

    ベトナムからの移民も多いそうで、ワイキキ周辺でもベトナム料理店をよくみかけます。

    旅行の疲れや、たくさん食べ過ぎて、胃が重たくなってくるとチョイスするのがベトナム料理。

    優しい味付けとたっぷりのお野菜で、胃がちょっとほっとするのです。

     

    スポンサーリンク

     

    バクナム

    サウスキングストリート沿いにあるお店。

    ワイキキからだと歩いていくことはできませんが、よく知られたベトナム料理店。

     

    カニの身をたっぷり使った、カニカレーが有名です。

    f:id:addieayumi:20170814154137j:plain

    左に写っているのがカニカレー。いわゆる“カレー”とは違いますが、カニの身たっぷりです。

     

    それほど辛くはなく、スパイシーな味付けが食欲をそそります。

    カニカレーを注文すると、パンにするかライスにするか聞かれますが、パンがおすすめです。

    フランスパンと一緒にいただきます。

    スポンサーリンク

     

     

    フォー・サイゴン

    アラモアナショッピングセンターの山側の裏手にあるお店。

    f:id:addieayumi:20170814155131j:plain

    店名にあるフォーも種類がたくさんあります。フォー以外の麺類も豊富ですし、

    生春巻の種類もたくさんあります。

     

    これはお肉が中に入った生春巻。

    f:id:addieayumi:20170814155210j:plain

    ボリュームたっぷりでした。

     

    ここのフォーは、ひとつが少し大きめサイズ。いつもシェアして食べています。

    お値段も良心的。

     

    またこのお店のいいところは、席がゆったりしているところ。

     

    アラモアナショッピングセンターでお買い物した後、ちょっと食事がしたいという時に、フードコートだとゴミゴミざわざわしているので、こちらまで歩いて来ることもしばしば。

     落ち着いて食事をすることができます。

     

    他にも、ベトナム料理店は多くあります。軽めに食事をしたいなという時にもおすすめです。

     

     


    にほんブログ村


    0 0

    いつも使うアイテムが少ないと、旅行の時も安心

    旅行が迫ってきました。少しずつ準備を進めています。

    f:id:addieayumi:20170828065435j:plain

    シャンプーだけ、で簡単準備

    左に写っているのは、いつも使っているシャンプー。ミニサイズの容器のものを以前いただいたので、旅行の時はこれに普段使っているものを足していきます。

    スポンサーリンク

     

     

    ジムの時や、月に一度行く、日帰り温泉などにも持参しており、マメに使っているので、旅行ごとに洗って乾かして・・・ということはせず、継ぎ足しながら使っています。(ある程度の時期ごとには一度洗ってきれいにしますが)

     

    シャンプーとコンディショナーって、同時に使い終わることってないですよね?

    これが意外とストレスだったんだって、シャンプーのみのワンステップにしてから、改めて気づきました。

     

    どちらかが中途半端に残ってしまうのを、いつまでも残してしまったりとか、使い切れなくなって捨ててしまうとか、そういった小さなストレスがなくなって楽ちん。

     

    万能なオイル

    右のスポイト容器に入っているのは、無印のオイル。

    顔の保湿として薄く塗ったり、髪をまとめるのに使ったり、身体に塗って保湿やマッサージをしたり・・・1本でいろいろ使えるので便利。

     

    化粧水で保湿

    最近は乾燥が気になるので、化粧水をたっぷり使うようにしています。

    今は無印の化粧水を大瓶で買っていて、それをこの小さな容器に詰め替えながら使っています。それをそのまま旅行にも持って行きます。

     

    スポンサーリンク

     

    毎日のシートパックで、スペシャルケア

    そうはいっても、旅行先では強い紫外線を浴びたり、飛行機やホテル内では極度の乾燥状態でもあったりします。

    f:id:addieayumi:20170828065536j:plain

    シートパックを持参して、毎晩ケアするようにします。

    1回ごとの使い切りのシートパックなら、どんどん捨ててこれるので便利。

    冷蔵庫に入れておいて、お風呂上りにつければ、日焼けした肌もいい感じにクールダウンできます。

     

    いつもより、夜の時間もたっぷりあるので、普段おろそかにしがちなケアもゆっくりしたいと思っています。

     

    旅行後の片付けも考えて

    普段使っているアイテムが少ないと、旅行の準備も簡単だし、帰ってきてからの後片付けも簡単。旅行のために少なくしているわけではないですが、使うものを減らしてよかったと思うことのひとつです。

     

    でも、旅行先で現地でしか買えないような化粧品を探すのも楽しみのひとつ。

    そんなスペシャルケアアイテムを今回も見つけてこようと思います。

     


    にほんブログ村


older | 1 | 2 | (Page 3) | 4 | 5 | newer